読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽにょろん

思いついたこととメモ

同一プログラムからFirebird2.5と3.0のDBにアクセスしたい

同一プログラムからFB3とFB2.5にアクセスするシナリオを考え、サンプルを作ってみました。

目次

環境

  • C# (.NET Framwork 4.5.2)
  • VS2015
  • Firebird .NET Data Provider (5a17a58)
  • Embedded

課題

  • DBにアクセスする前に、ファイルのODSバージョンを知りたい
  • FB2.5とFB3.0のDLLの共存

ODSバージョンの取得

Firebirdのデータベースファイルは一つのバイナリです。
ググった結果、このバイナリを読んで、ヘッダーページにアクセスすれば良さそうということが分かりました。

データベースファイルの内部構造を探ってみた(2/3) − @IT

ただ、情報が古そうなのでソースコードを探してみることに。

github.com

atmarkitの記事と相違はありそうですが、大体よさそう。

ということで、2パターン試してみた。

structを使うパターン

定義を写経して、

[StructLayout(LayoutKind.Sequential)]
public struct HeaderPage
{
    public Pag hdr_header;
    // Page size of database
    [MarshalAs(UnmanagedType.U2)]
    public ushort hdr_page_size;
    // Version of on-disk structure
    [MarshalAs(UnmanagedType.U2)]
    public ushort hdr_ods_version;
    // Page number of PAGES relation
    [MarshalAs(UnmanagedType.U4)]
    public uint hdr_PAGES;
    // Page number of next hdr page
    [MarshalAs(UnmanagedType.U4)]
    public uint hdr_next_page;
....

Marshalのメソッドをつくり、

public static T RawDataToObject<T>(byte[] rawData) where T : struct
{
    var pinnedData = GCHandle.Alloc(rawData, GCHandleType.Pinned);
    try
    {
        return (T)Marshal.PtrToStructure(pinnedData.AddrOfPinnedObject(), typeof(T));
    }
    finally
    {
        pinnedData.Free();
    }
}

ファイル読んで、完成。

private const ushort FirebirdFlag = 0x8000;
....

using (FileStream stream = new FileStream(path, FileMode.Open))
{
    var buf = new byte[1024];
    stream.Read(buf, 0, buf.Length);
    var header = RawDataToObject<HeaderPage>(buf);
    var odsVersion = header.hdr_ods_version & ~FirebirdFlag;
    Console.WriteLine($"ODSVer: {odsVersion}");
    Console.WriteLine($"ODSMinorVer: {header.hdr_ods_minor}");
}

必要なところだけ変換

private const ushort FirebirdFlag = 0x8000;
....
using (var fs = new FileStream(path, FileMode.Open, FileAccess.Read))
{
    int fileSize = (int)fs.Length;
    byte[] buf = new byte[1024];
    fs.Read(buf, 0, 1024);
    var obsHex = buf.Skip(0x12).Take(2).Select(x => x.ToString("X2")).Reverse().Aggregate("", (x, y) => x + y);
    var minor = buf.Skip(0x40).Take(2).Select(x => x.ToString("X2")).Reverse().Aggregate("", (x, y) => x + y);
    Console.WriteLine($"ODSVer: {Convert.ToInt32(obsHex, 16) & ~FirebirdFlag}");
    Console.WriteLine($"ODSMinorVer: {Convert.ToInt32(minor, 16)}");
}

比較

どちらでも行けますが、個人的にはstructでMarshallする方がよいのではと思ってます。*1
結局、定義とにらめっこしたり、リトルエンディアンの処理する必要がありますし。

注意点として、OdsVersionはそのままの値ではだめで、0x8000とのANDをとってあげる必要があります。

firebird/pag.cpp at B3_0_Release · FirebirdSQL/firebird · GitHub

※バイナリ眺めてるときにちゃんとやるなら上記みたいにやらないとだめだけど、
ODSも2桁だし、ODS_MINORも1桁だし普通にリトルエンディアンとか放置でも行けるじゃんって思いました。

FB3とFB2.5の共存

まず必要なDLLをプロジェクトに突っ込んでおきます。
f:id:kowill:20160425224959p:plain

あとは、FBConnectionのClientLibraryに使いたい方のDLLを指定してあげるだけ。

var builder = new FbConnectionStringBuilder();
builder.DataSource = "localhost";
builder.Database = @"D:\DB\TESTFB3.FDB";
builder.ServerType = FbServerType.Embedded;
builder.ClientLibrary = @"dll\fb3\fbclient";
....
var builder = new FbConnectionStringBuilder();
builder.DataSource = "localhost";
builder.Database = @"D:\DB\TESTFB2.FDB";
builder.ServerType = FbServerType.Embedded;
builder.ClientLibrary = @"dll\fb25\fbembed";
....

こうすれば特に問題なく共存が可能です。
Process.GetCurrentProcess().Modules で見てみるとこんな感じになります。
f:id:kowill:20160425225600p:plain

解決

これで課題は解決できたので、あとは必要に応じて処理を組み込めば、同一プログラムからの呼び出しは問題なしです。
与えられたDBファイルから判断して、処理を変えることも可能です。

実際に自分のプロジェクトでやろうとしていたんですが、諸事情でサスペンドしてますw
本当に問題がないのかは不明ですが、今回はこんな感じで終了です。

一応、サンプルを。

github.com

*1:使い方大丈夫なのだろうか